スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'03.09 (Wed)

隠れた?名所

 ブログの投稿をこんなにスリリングに感じたことはなかったです…。まさか同じ記事を3回も書かされるとは…まさか1つの記事の投稿に1時間もかかるとは思いませんでした…。萎えるわぁ…。

 

 で、そんな愚痴は置いといて、本題に入ります。前回紹介した、勝山の雛祭りの帰りに、隠れた?名所じゃなくて、正真正銘の名所、神庭の滝に行ってきました。

IMG_3668.jpg

 wikiによると、

 神庭の滝(かんばのたき)は岡山県真庭市神庭にある滝。国の名勝に指定されており(指定名称は「神庭瀑」)、日本百景、日本の滝百選にも選定されている。また周囲は岡山県立自然公園に指定されている。

 旭川の支流で星山(1,030m)を源流とする神庭川水域にある。

 落差は110メートルで西日本最大級。上部に落差の小さい滝がある段瀑である。しかし上段部は登らないと目にすることは出来ない。秋には紅葉が美しい。 周囲の地質は石灰岩で、近くに「鬼の穴」という鍾乳洞も見られる。

 駐車場があり、遊歩道が整備されており徒歩約5分程度で滝下に着く。遊歩道脇には「玉垂の滝」があり苔の間より川に幾筋もの水が滴っている。駐車場下には「滔々の滝」もある。周辺には野生のニホンザルが生息しており遊歩道で目にすることが出来る。

 だそうで、立派な名所でした。隠れた?と思ってたのは、単に自分が知らなかっただけのようです。

 

 西日本最大の滝の称号はだてじゃなくて確かにすごいんですが、この滝の全景をカメラの端から端までおさめると、自分の技量ではいまいち流れ落ちる滝の迫力が表現できなくて、インパクトのある写真が撮れないので、滝の下流の蛇行する流れを含めて撮ってみました。これだと結構、動きがある写真になったんじゃないんでしょうか。雪融け水の影響なのか、前に来た時よりも水量が増えていたような気がします。それも迫力をUPさせてくれてるみたいです。

IMG_3671.jpg
 ↑上のwikiの説明にもあった玉垂の滝です。ぱっと見て滝って感じはしないかもしれないですが、これはこれで、岩肌からレースのように投げれ落ちる水を見てると癒されるスポットです。曇ってたりして暗い日だと、水が流れ落ちるのがいまいちきれいに撮れないんですが、晴れててよかったです。
 
IMG_3677.jpg
 ↑で、実は、本命のニホンザルです。二人そろってのんびり日向ぼっこです。岩肌を見渡すとあっちこっちで子ザルが枝から枝へ飛び移って(ずりおちて)いたりして、ずっと眺めてても飽きません。ショックだったのは猿をとってた途中にカメラのバッテリーがとんだことでしょうか…。CanonのPowerShot…いいカメラなんですが、バッテリーの残量表示が甘いのが何とも…。
 あ、ニホンザルですが、日によって出てくる日と出てこない日があるようです。行ったら必ず会えるというわけではないので、ご注意ください。実際、自分も前に行ったときは見れませんでした。でも、何度行ってもいいとこなので、岡山在住の方はぜひぜひ1度行ってみてくださいな。おすすめスポットです。
スポンサーサイト

テーマ : お散歩・お出かけ - ジャンル : ライフ

17:01  |  ぼやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wandofsnake.blog137.fc2.com/tb.php/93-d0f65215

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。