FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'12.26 (Sun)

試験の山

 今から思うと、去年はほんとに暇だったと思います。後期の授業といえば、まともなのは、ほとんど生化学オンリー…。まぁ、糖質の代謝機構とかいかにも生化学っぽい話から、抗がん剤の話まで幅広くやってはいましたが、それなりに面白い領域ではありますし、なによりも、医学部の試験が3つしかない(教養のテストも微妙にあった気はしますが、何日もかけて試験勉強しないといけないといったものではなかったので…)というのが、ステキでした。

 

 それに比べて、今年…。

前期にあった試験は4つでしたが、9月に3つ(夏休みが1か月減ります)、11月に1つ、12月に2つ、1月に3つ、2月上旬に3つ…。しかも3,4日前からちょこちょこっとやったのではカバーしきれない試験がごろごろ…。1月中旬から2月の上旬までは、週に1or2個のペースで試験があるので、延々試験対策ばっかりやってる状態になりそうです…。

 

51Ws0YmBfYL__SL500_AA300_.jpg

 

 例えば、薬理学の各論試験だと…

抗精神病薬、抗うつ薬、パーキンソン病治療薬、抗認知症薬、抗てんかん薬、抗不安薬、催眠薬、麻酔薬、免疫抑制薬、抗炎症薬、利尿薬、抗不整脈薬、坑心不全治療薬、坑狭心症薬、高血圧治療薬、血液・造血系作用薬、糖尿病治療薬、高脂血症治療薬、麻薬性鎮痛薬、抗腫瘍薬

 

ざっと並べてみても、これだけ範囲があるわけです…。かなり浅いところしか勉強できてないので、あんまり言えた口じゃないですが、これだけの範囲を2時間そこそこの試験で問おうというのも、どうかしてると思いますし、これだけの範囲を直前にちょこちょこっとやって通ろうというのも、無理な話です。

 

試験の山…確かに、あります。過去問を見た限り、範囲が膨大なだけに、これは必ず出すっていう範囲をつくってくれています。が、自分は範囲になっているところは総当たり戦で、つぶしていくのが流儀なので、もちろん試験に落ちない程度に広く浅く適当にはしょりますが、一応、まんべんなくやるようにしています。

 

 試験の山をピンポイントで狙わずに、山のように積もった、まさに、試験の山を無事通り抜けられますように…。

 

ちなみに、1回生で落とした試験が残ってたり、今年のこれまでの試験の再試があったりすると、最大で9個くらい、追加で増えます…(しかもどれも結構ヘビー)。無理です…。


スポンサーサイト
18:49  |  医学部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wandofsnake.blog137.fc2.com/tb.php/72-6881b1ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。