スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'10.07 (Thu)

アニサキス!

 今日の午後は、昨日に引き続き寄生虫実習でした。昨日もちょっと触れましたが、今日はアニサキスを見ましたよ~。各班にサバが配られるのですが、それをさばくと、内臓の表面にくりくりっとまいたアニサキスが何匹かいます。

 画像は愛知県のHP(http://www.pref.aichi.jp/0000008899.html)から借用したものですが、実際に、こんな感じです。
 アニサキスは加熱すれば問題ないのですが、日本人はよく生で魚を食べるので、半ば日本人の国民病といえそうです。
  
 今日の実習で使ったサバが欲しい人は申し出てください。といわれましたが、う~ん食費節約の観点からはいただきたいところだけど、いくら加熱すれば問題ないとはいえ、何匹もアニサキスを発見してしまったサバをさすがに食う気にはなれない…。次からサバを調理する時は、アニサキスを見つけないように注意しよう…。見つけてしまったが最後一気に食べられなくなる…。
 
 ここで問題です。病院に激しい腹痛を訴えて中年女性が来院したので、内視鏡検査をしたところ、胃の中からアニサキスが数匹見つかりました。ところが、その患者さんの付添できた方もついでに検査したところ、その方は無症状だったにもかかわらず、腹痛を訴えた女性よりも大量のアニサキスが胃の中かから見つかりました。なぜ症状がなかったのでしょうか?
 
 答えは…
 アニサキスで激しく胃のあたりが痛むのは、別にアニサキスが刺さってるのが痛いからではありません。これは、アニサキスが一度体内に入った時に免疫系が反応し、アニサキス攻撃態勢が整うことで、2度目以降にアニサキスが体内に入った時に免疫系によってアニサキスを含む胃の組織が攻撃され、激しい炎症反応がおこるためです。なので、アニサキスが体内に入るのが初めての人は、無症状です。つまり、腹痛を訴えて来院された女性は以前にもアニサキスに入られていたということですね。
 
 生の魚介類を食べた6~12時間後に胃が激しく痛くなったらアニサキスかもしれません。お気を付けください。アニサキスの治療は、病院に行ったら内視鏡入れてアニサキスを抜きとるだけで、すぐ終わるので、手術とかいるのでは・・・とか心配な方はご安心を…。
 
スポンサーサイト

テーマ : 医療系学生の学生生活 - ジャンル : 学校・教育

18:09  |  医学部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wandofsnake.blog137.fc2.com/tb.php/44-37fe28e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。