スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'07.28 (Thu)

国試対策的勉強法 その5

○第5回試験前の勉強の仕方 問題集できった勉強の仕方 後篇

とりあえず、何回かまたいでるので、試驗前の勉強について5~9(1~4は以前の記事に書いた普段の勉強の部分です)を一応見出しだけ並べておきます。

5、授業プリントをざっと眺める。
6、2年以上前の定期試験の過去問と国試の過去問の一部を解く。
7、試験前日に昨年の過去問を解く。
8、よく寝る。
9、試験当日の直前の空き時間はひたすら「YearNote」や「がみえる」を見返してキーワードを確認。

 前回の記事で、内科1周目だったら別に「QB CBT」など、CBT(医学科生が病院実習に行くのに必要な、大学入試でいうセンター試験みたいな試験で、4回生の終わりにたいてい受けます。落ちると5回生の病院実習に参加できないので留年します)対策用の問題集でもいいのではという意見もあるかもと思ったので、ちょっとQB CBTについて追記します。

 別にあえてやりたい人はやればいいと思います。が、個人的には、QB CBTは基礎の復習にはなる(といっても基礎系の問題は全体の35%にとどまるby Medic Mediaらしいですが…)から基礎の部分は目を通してもいいかもしれないけど、内科のお供にやる必要性は感じません。というのもCBTが大変なのは4回生までにやった全範囲を聞かれるので、カバーしないといけない範囲が多すぎるからなわけで、1問1問の問題としては内科のお供にやるのにしては簡単すぎる(かといってCBTのレベルを国家試験レベルに引き上げてほしいとは思わないが…てかそれならCBTで医師免許くれ。つ~か、無理)と感じるからです。とりあえず、4回生の夏~秋(うちの大学ではCBTの2週間前まで定期試験がぎちぎちに入っていて、とてもじゃないが冬休みとかにちんたらCBT対策をする余裕がないらしい。)くらいに目を通せばいいテキストだと思います。

 個人的に内科のお供でやったらいい問題集として、もう1冊注目してるのは、ハリソン内科学の某用問題集です。書店で何問か目を通しただけなので、断定はできないんですが、国試の問題より難しいので、1周目はとりあえず、QBの一般問題の一周目問題だけ解く→定期試験が終わった分野に関して、内科の勉強2周目の某用問題集として、ハリソンの某用問題集を解く→QBの臨床問題の1周目問題を解く、みたいな感じでいいんじゃないかと思います。あえて、QBの臨床問題より先に、ハリソンの某用問題集を持ってきた理由は、こういうマニアックなのは学年が上がってくると手を付ける余裕がなくなってくるものなので、とりあえず、時間がある間にやっておこうという魂胆です。この辺りの順番は好きにすればいいと思いますし、並走させるのもありだと思います。
1106001356.jpg

 臨床問題は、基礎知識が入ってないと解けないので、最初からアタックするのはちょっと辛いものがあると思いますが、臨床問題を解くと、否応がなしに、どういう風に疾患の鑑別をつけていくのかとか、検査データ・画像の見方・考え方とかを学ばないといけなくなるので、他の疾患との違いについても、意識的に学べるし、そうすると、その疾患自体についての理解を深まると思います。成書は他の疾患との対比とかはあまり書いてないので、鑑別を意識せずに、成書読んでるだけだと、そのあたりがかなり弱くなる気が…。

 例えば、疾患各論だけを鑑別を意識せずに勉強すると、例えば、鉄欠乏性貧血が小球性低色素性貧血であることを覚えていたとしても、他に小球性低色素性貧血になる疾患が思いつかなければ、検査データで、小球性低色素性貧血を示す所見が出ても、鑑別のスタート地点にも立てなかったりする。臨床問題に触れる習慣があれば、こういう検査データになる疾患は…みたいな縦切りの考え方を意識する習慣がつくので、MCV低値、MCHC低値→貧血の中でも、ヘモグロビンの合成になんか問題が起きてるのかな?→じゃぁ、次に見ないといけないデータは…みたいな感じで、縦切りの疾患分類やその病気で現れる検査数値の変化を自然に覚えられるだけでなく、なぜ、そういうデータになるのか?どういう病気なのか?その病気の疾患分類の中での位置づけは?というイメージもつかみやすくなるわけです。

 別に、鑑別を意識して勉強することによるメリットであって、必ずしも、問題集を使うことによるメリットではないのですが、問題集はそのためのツールとしても便利という話です。


7、自分の場合は大抵、試験前日に昨年度の定期試験の過去問を解いて、力試しをします。過去問に入る前の踏み込みが浅いと、問題傾向の変化に対応しきれず、前日になって焦ることもたまにあるので、いくら力試しのために取っておくとは言っても極端に変わってないかは試験勉強を始める前にざっと見といたほうがいいと思います。まぁ、それまで傾向変わってなくても、自分の年から傾向が変われば同じことなんですが…。基本的に傾向が変わっても昨年の試験が初見で9割(記述式のは難しいとは思いますが…採点の厳しさや採点する先生のツボによっても変わってくるし…)取れれば普通落ちないので、そんなに焦ることはないと思います。それでも落ちるときはみんな落ちるし…。教授が変わったときとかはそんなことも起こるかもしれないですね。たいていは配慮してくれますけど…。

8、よく寝る(寝てよくても試験前日はなんだかんだいって3時くらいまで結構だらだらしちゃうので自分も試験前はあんまり実践できてないですけど…。)


つぅことで、次回は試験当日の勉強と称して、YearNoteについてちょっと触れてみたいと思います。なんか予想外にやたら長くなっちゃった本シリーズですが、残すところあと1回です。お楽しみに。

ちなみにですが、この夏休みに、次の試験範囲の科目をQBを解きながら勉強しようと計画を組んだAsklepiosですが、予想外にほぼ毎日外出してて家にいなかったり、たまに家にいても他の事務作業に追われたりして、ほとんど実践できてないのが現状です…。夏休みなんてそんなもんか…。
スポンサーサイト

テーマ : 医療系学生の学生生活 - ジャンル : 学校・教育

22:38  |  医学部  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2012年11月13日(火) 21:27 |  | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2013年01月16日(水) 08:26 |  | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2014年07月16日(水) 08:14 |  | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2014年07月18日(金) 04:07 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wandofsnake.blog137.fc2.com/tb.php/112-fe98b328

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

●まとめtyaiました【国試対策的勉強法 その5】

○第5回試験前の勉強の仕方 問題集できった勉強の仕方 後篇とりあえず、何回かまたいでるので、試驗前の勉強について5~9(1~4は以前の記事に書いた普段の勉強の部分です)を一応見出しだけ並べておきます。5、授業プリントをざっと眺める。6、2年以上前の定期試験の過?...
2012/05/03(木) 02:18:10 | まとめwoネタ速neo

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。